*えがおのキャンパス*

グルテンフリー*米粉*大豆粉*タピオカ粉* 軽度のアレルギー症状の方向けのブログです。ご自身の体質に合わせて参考にしてほしいと思います。

グルテンフリーはスポーツ選手にも効果があるのか。

こんな記事がありました。

gigazine.net


過去に「グルテンフリーダイエットが効果的」という論文が発表されてから、アスリートたちの間でグルテンを取らないという人が急増しました。トレーニング中には血液が筋肉や心臓に集まることから、アスリートの多くは胃腸に問題を抱えており、グルテンを取らないことで腸内環境を正常に保ち下痢や腹痛を避けることができると考えられたためです。特に長距離ランナーやサイクリストはその約90%が胃腸に問題を抱えているとのこと 

f:id:countrymaana:20160125155611j:plain:w200
引用http://gigazine.net/news/20160125-gluten-free-diets


そこで2週間にわたって、

グルテンフリーの生活をする選手
●そうでない選手

違いが出るのか実験してみたようです。


2週間後


・胃腸の調子
・パフォーマンス
・調子の良さ
・炎症反応など

といった項目で体の変化を調べてみたところ


大した違いは出なかったみたいです。
そりゃたった2週間で誰にでも効果が出るなら
全アスリートがとっくに取り組んでるだろうな・・・




私が思うに、グルテンフリーの生活は
セリアックの人や、グルテン過敏症の人に
効果があるといわれる食事法なので、
万人に効果があるものではないと思います。



現に私のアレルギー除去食に付き合ってくれている
長距離ランナーの主人は
グルテン控えめ生活を送っていますが
タイム・体調ともにほとんど効果はありません!!!


しかし、このようなことを実験したということは、
グルテンが体に及ぼす影響を
深く受け止めて、どんどん研究されていっている


ということだと思います!!


グルテン過敏症に悩む私としてみたら、
嬉しい限りです。


もっと簡単な治療法が開発されたらいいのに。。。
と願っています★



参考 パフォーマンスアップを目指すアスリート必見!川口美喜子教授の栄養学連載(6)「胃腸が弱い人スポーツ選手が多いのはなぜ?」 : スポーツメディア ギャザー : SPORTS JAPAN GATHER

FOLLOW ME