読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*えがおのキャンパス*

グルテンフリー*米粉*大豆粉*タピオカ粉* 軽度のアレルギー症状の方向けのブログです。ご自身の体質に合わせて参考にしてほしいと思います。

炊飯器で米粉パンにチャレンジ。カチカチだけど、失敗⁉︎成功⁉︎

グルテンフリー 米粉ケーキ・米粉パン

炊飯器で米粉100%のパン

米粉のお菓子作りは大抵失敗しなくなりました。しかし、米粉パンはどうしても納得のいく出来栄えにならない…

そこで今回は多森サクミさんの
「炊飯器で超簡単」
ふんわり米粉パン


この本でチャレンジ‼︎

最初のページを見ると、

米粉パンを作るためのコツ
◎発行の話
米粉について
イーストについて…

詳しく書いてあります。


まずチェックするポイントは
炊飯器のタイプ

自宅の炊飯器にパン焼きコースや発酵させる機能が付いているか。

付いている場合はお任せで大丈夫みたいですが…我が家の炊飯器には、そんなオシャレな機能が付いていない‼︎


読むのが嫌いだったので、材料を混ぜ始めてから発酵ボタンなんてないことに気づきました…


とりあえず作ってみた行程を載せたいと思います。


材料を混ぜる

流し込む

※生地は結構ゆるめでした。


目盛りはだいたい1合


発酵(目盛りに注目)

発酵ボタンがないので、5分保温したら、20分常温。

しかし冬で室温が低いので、10分保温、20分常温で発酵させました。

ただ…

子どもがやんちゃを言って、うっかり他ごとをしていたら、常温で40分くらい経っていました…

目盛りは2合より少し下がいいのですが、明らかに2合目を超えている…



ということは、発酵のしすぎです…

これは発酵させていることを、ついうっかり忘れた自分が悪い…

焼き上がり

竹串で刺してみて、生地がついてこなければOK‼︎
1度目はべたついた生地が付いてきたので、もう1度炊飯のボタンを押しました。


取り出してみる

なんかカチカチ…



表面がベタベタ…


切り口




出来上がってすぐは、
本に載っているみたいなフワフワとは程遠く、キメは細かいのですが、少しイースト臭い…
しかもなぜか表面だけべたついていました。


これは失敗だ‼︎

と思いましたが…

そのあとにラップをかけて半日ほど置いておいたら、カチカチだった周りの部分がしんなりとしてきて、さらにしっとりふわふわになってきていました‼︎


さらに切ってみたらこんな感じ


思っていたよりもキメが細かくて、「ふわっ」と、「もちっ」としていました。

一度では食べきれないので、そのままラップに包んで、急速冷凍しました。


食べる時は、

●電子レンジでほんのり温めればふわふわ
●さらにトースターで焼けば表面カリッと

といった感じでした。


出来上がった時は、失敗かと思いましたが、最後までレシピに書いてある通りにやらないといけないんですね…
せっかちは禁物‼︎(꒪д꒪)

今後の課題

表面の部分が、水蒸気によってベタベタになってしまっていたので、もう一度チャレンジしてみたいと思います。

この多森さんのレシピ本に載っているレシピの分量で、オーブンバージョンができないか試してみたいと思っています。


ちなみにクックパッドで見つけた、似たようなレシピで作ってみた時は大失敗したので、それよりはマシになった方だと思います。

これはもう食べられるような代物ではなかったので、処分しました…もったいない。
ちなみに原因は水分の入れすぎと、発酵のしすぎだと思います。

今回はリ・ファリーヌを使用しました。

FOLLOW ME