*えがおのキャンパス*

グルテンフリー*米粉*大豆粉*タピオカ粉* 軽度のアレルギー症状の方向けのブログです。ご自身の体質に合わせて参考にしてほしいと思います。

グルテンフリーの米粉パンはどんな味⁇食べてみて思うこと。

米粉パン普及の背景

米粉パンってもちもちしてておいしい」
と近年人気急上昇中の米粉パン。

アレルギーの無い人にしてみたら、
米粉入りのパンなのか
米粉100%のパンなのか…

そこまで深く気にしないでしょう。



米粉というワードを使えば、人気が出る…
なんていう時代の流れもあり米粉パンを売るお店もたくさん目にするようになりました。


しかし、こんな事件もあります。

www.sankei.com

本当に米粉100%のパンでない商品が
大々的に『米粉パン』として売られていたら
間違って買って食べてしまうことも起こり得るんです。



米粉100%でも小麦たんぱくや小麦グルテンが使ってあることもよくあります。



米粉100%でないパンは何がいけないのか

●即時性の小麦アレルギー
●遅発型の小麦、グルテンアレルギー


このアレルギーを持つ人たちは、小麦たんぱくや小麦グルテンももちろんアレルギー物質なんです。



私自身が遅発型のフードアレルギー(グルテン過敏症)になる前はパンを作って食べることが大好きでした。


しかし、米粉でもパンが作れるからいいや♡
と思ったのもつかの間。


米粉100%のパンって、作るのが結構難しい‼︎
強力粉を使った、フワフワで種類豊富なパンとは、全く別物‼︎



米粉100%のパン作りは難しい⁉︎


なぜ難しいのか。

それは、米粉にはグルテンが含まれていないことが原因。

一般的なパンがふっくらフワフワとしているのは「グルテン」のおかげ。

そのグルテンがないということは、膨らみにくい…ということにつながります。


私自身グルテン過敏症かも・・・と思うようになってから米粉の書籍やレシピサイトなどをたくさん読んできました。


しかしどれをみても米粉100%(グルテンフリー)のパンはこんな感じ

f:id:countrymaana:20160116125709j:plain:w250

色も白くてどちらかと言えば膨らみも少なめ。
(最後に焼き色を付けるレシピもありますが)


事実、米粉100%かつグルテンフリーのパン屋さんは全国でも数えられる程度しかありません。


※スイーツ系はわりと増えています。


米粉パン食べてみて…

実際に米粉100%のパンを買って食べてみましたが、正直な感想…
『いつものパンの方がいろんな種類があって美味しい。』と思いました。

全体的にホロホロっと崩れるような食感で、人によってはパサパサ…と感じるような…


米粉パン=もちもち⁉︎


んー…もちもちではないかなー…


ここで私が口を大にして言いたいこと。

米粉パンと小麦粉パンを比べないこと‼︎
比べるから

「種類が少ない…」
「アレンジできない…」
「高い…」

という感想しか出てこない。


小麦アレルギーの人からしたら
大革命だと思うんです。
米粉がパンに活用され出したのは、ここ最近のこと。

お米を粉砕してキメの細かい米粉にする技術の進歩のおかげなのです。


私のように、グルテン過敏症で悩むのは大半が大人ですが、小麦アレルギーって小さい子がほとんどです。


アレルギーの子どもを持つお母さんにとって、我が子だけパンというものを食べずに育つなんて、かわいそうだし、なんだか申し訳ない…


きっとそう思って子育てをしているお母さんが、たくさんいるのでは…と思います。

そんなお母さんたちにとっても、米粉パンは救世主だと思います。


結局何が言いたいのか

昔と比べると、小麦アレルギーの子が増えているという背景を前提に・・・


米粉を使ったパンが増えることが悪いということではありません。むしろ米粉の活用が増えることはいいことだと思います。

ただ米粉100%のパンを普通のパンと比べず、
時代の背景を考慮して、もっと手軽に手に入るような市場に出回って欲しいと切に願っています。

FOLLOW ME